美容は、女性がもっとも感心をもつことですね。
手っ取り早い方法は、サプリメントですね。
色々と登場しておりますが、知らない人がいないぐらいの認知度一番は、コラーゲンです。

飲む、つけると大活躍のコラーゲンです。
肌の老化の予防のためや、若がえりのために必要な成分です。
若い時は、たっぷりあるコラーゲンも年齢と共に失われていきます。
いま、あなたはコラーゲンを必要としていますか?
私は、この1年余りコラーゲンドリンクを毎日飲んでいます。
あまり効果はわかりませんが、わからないということが、老化が進んでないということだと思っています。
ただコラーゲンを摂取する時には、必ずペプチド化したコラーゲンを撮ることが必要です。
ペプチド化とは、コラーゲンが分解されずに腸に届くように調整されているものです。
肌の真皮には、多くのコラーゲンを含んでいます。
これが、肌の弾力となっています。人間の体内は、いつもコラーゲンの合成と分解がくりかえされています。
加齢によりコラーゲンの新陳代謝が衰えることになり、しわや肌のたるみ、目元のくまなどの症状が出てきますので、コラーゲンの補給が必要になってきます。
美肌のためだけではなく、関節痛を緩和するためにも必要です。
コラーゲンが軟骨の摩耗を予防します。
血管は、コラーゲンで出来ており、血管にできた傷などの修復を助けます。
動脈硬化の予防にも重要な役目を果たします。
コラーゲンを多く含む食品には、鶏の皮、ウナギ、サケ、スッポン、アンコウ、カレー、ナマコ、豚足、牛スジなどがあります。
1日に必要な量は、5,000㎎ということです。
1日にたくさん摂るよりは、毎日の摂取が大事です。
さらにすばらしい肌をめざすためには、ヒアルロン酸も一緒に摂ることが重要という方もいらっしゃいます。
ヒアルロンサンは、弾力を作るための成分です。
若さを保つためにも一番は、コラーゲンのようです。
しかしある医師は、コラーゲンの摂取などは無理という発言もされています。
私自身も時々考えてしまうこともありますが、とりあえず信じて、少しでも若さを保つように毎日コラーゲンドリンクを飲んでいます。
体のタンパク質の3分の1がコラーゲント聞いていますし、40歳以上では2分の1になってしまうという、恐ろしい現実がありますので、私なりに頑張って、ちょっとでも若さの秘訣であるこの物を摂取しようと努力をしいます。
ついでに、ヒアルロン酸もね!本日から・・・・・。

 

Topics

  • ヒアルロン酸

    体内の組織の中に必要なゼリーの様な成分ですが、加齢と共に減る為、補充しましょう。肌の張りや艶を保ちます。


  • プランセタ

    胎盤という意味ですが、野生動物は、出産後、栄養豊富な胎盤を食べ、産後の体力回復に役立てました。


  • CoQ10

    すべての細胞に必要で、臓器に多く、細胞エネルギーを作る最も重要な補酸素です。40歳前後から減少が急速です。


  • カプサイシン

    唐辛子に含まれる、辛味成分です。新陳代謝をよくして、体を温める効果があり、鎮痛剤の作用もあります。

  • コラーゲン

    肌の張りや潤いを保ち、関節をスムーズに動かす役目です。加齢で減ってしまうので、補うことで、若さを保ちたいですね。

  • 酵素

    酵素は、40代で激減します。太りやすく、痩せにくくなるのも、この酵素が低下するからです。

美しく豊かな生活を送る情報

常にアンテナを張って新しいことをキャッチしましょう!

 

フレッシュ情報

ダイエット
いつまでも若々しくいた~い!!
誰もが思うことですね。
だから、サプリメントに頼ってみたり、お化粧品にお金をかけてみたりと、若い頃よりも歳をとってからのほうが見た目には分からなくても、お金をかけている人、多いです。
ダイエット、一番いいのは、食事と運動を今までと変えてみること。
食事は、体を温めるものや、繊維の多いものをとるよう心がけ、炭水化物や脂肪分を抑えるようにすると効果的ですね。
運動も、ハードなものから、緩やかなものまでありますから、自分にあったものを長く続けるのが秘訣です。
ネット回線を通じて、パソコン画面を通じて、一緒に運動できるフィットネスは、楽しく出来るので、お勧めします。
そして、ダイエットに成功する大切なポイントは、明日からではなく今から。今日だけはいいやではなく、今日もがんばろう!です。
自分を甘やかすことは自分のためにならないですよ~。

越前に旅行に行って来ました。女子?だけの一年に一回の旅行です。4回目の旅行になりますが、今回の目的は越前がにです!ちょっと金額が一泊旅行としては高いんだけど、自分で食べたい越前がにを選んで、調理してもらっていただくって贅沢じゃないですか!?ちょっとプチセレブ?なのもいいかな?なんて今回は、奮発しちゃいました。このメンバーは毎回仕事の都合や家の事情で全員がそろったことはないんですが、それでも毎回10人前後人数が集まります。そして、みんな元気で明るくて積極的だから、ホント楽しい!笑いっぱなしです。はたから見たら、うるさい女連中ですが、メンバーだと楽しくて楽しくて。(笑)毎回この一年に一回の旅行のために仕事も家庭もがんばっちゃえるんですよ。今回、なぜこの越前がにの旅館にしたかというと、メンバーの人で、越前がに 通販で注文したら、獲れたてを直送のため、びっくりするぐらい身が詰まっていて美味しかったらしいんです。それで、盛り上がって、食べに行こう!ってことになったんですね。で、旅館について、一服した後、仲居さんが、かにを選んでいただきますので、こちらへいらしてください。と案内され、大きな桶の前に連れて行かれ、中を覗きこんだら、いるいる。越前がに!って勲章の黄色いタグをはさみの付いた一番目の足につけた立派な越前がにがうようよ?みんなゆったりと動いていました。で、わいわい、キャーキャーいいながら、みんなが自分のかにを選んだところで、旅館の調理師さんがその場で、活きたかにをですよ、足の殻を包丁でそいで、刺身にしてくれました。そんな、かにを刺身にする様子なんて、みんな見たことがなかったので、興味津々!食い入るように包丁さばきに見入っていました。氷水に落として身がふわっと華の様になったら、「お~!」って歓声が上がって笑っちゃいました。で、その場で、すぐに食べることが出来たので、みんな写真撮影ですよ。くちに入れる瞬間や、かに酢につける瞬間。こんな場面は、なかなか写真に収めることが出来ないと思ってね。で、口にほおばると、これが、今まで味わったことのない甘さと、プリプリッとして弾力があって、美味しい。かにを甘いと思ったのは、この時が初めてですね~。かにって、本当は甘かったんだ~。ちょっとした感動でした。

習い事って大人になっても出来ますね。習い事が上達して本格的にやってみたくて、その道でプロになってしまったって方も見えます。私の身近でもジムに通ってエアロビクスの楽しさに、はまってしまって、インストラクターになったって方もいます。大人の習い事で人気が高いのは、お料理やダンス、手芸、お花、フィットネスなどで、他にもありとあらゆる習い事があります。写真っていうのもありますよ。子供に習わせたい習い事の第一位はスイミング、第二は、体操教室、そして、第三位が、英会話 名古屋での調査の結果です。やっぱりスイミングは私の子供の頃と同じく人気が高いんですね。体が丈夫になりますし、楽しくきたえられますし、そして学校でプールが始まっても恥をかかなくてすみますからね。打ちも子供が幼稚園に行っていたころに、幼稚園が終わるとスイミングバスが幼稚園にお迎えにきてくれて、スイミングを習ってました。お迎えはスイミングに直接行っていたので、早めに言って見学したこともありますが、とっても楽しそうでしたよ~。スイミングを習っている子は抵抗力が強くて、風邪をひきにくくなるそうです。それから、喘息だった子が治ったりもしていましたから、丈夫な子に育てる為に、スイミングを習わせる親さんが多いかもしれないです。

太陽光発電機は屋根の上にのせるため、その重さも屋根に対して、痛む原因にならないんでしょうか。重さはどのくらいなんだろうって思いますよね。で、調べたら、総重量は500キロくらいだそうです。のせるといっても、重さは分散しますから、1メートル四方に20キロ弱の荷重らしいですよ。ソーラーフロンティアの太陽光発電機だと他よりぐっと初期投資を安く出来るので最近注文される人が多いみたいです。家において置ける液晶パネルで、今日はどのくらい電気が作れてどれだけ消費して、どれだけ売電できたかを人目で見ること出来るのもいいですよね。一年の統計が取れるので、今年は電気がたくさん作れただの、今年はちょっと天候が悪かったから、電気が作れなかったねなんて会話がなり足ります。快晴の日と雨の日ではどのくらい発電量が違うんでしょう。10から20分の1程度になってしまうそうです。それでも、ちょっとは発電しているんですね。友達の家で快晴の時は、40 kWhだったと聞きました。家の向きや周りの環境もあるので、それによって変わってくるとは思いますが、雨が降ると、ホント少なくなるんですが、それでもほんの少しは電気を作ってくれているんですよ。なんだか健気だなって思っちゃいます。ブログで、毎日その日の天気と発電量を書き込んでみえる方が見えましたが、だんだんと、目安が出来てくるみたいですね。4人家族の1日の平均電力使用量は約250kWh~300kWh位なので、せめてこの使用量以上の発電量がほしいところです。そうすると、売電できるので。

会社でパソコンの前にずっと座ってする仕事をしているので、調べ物なんかでネットを使ったりして、家にもパソコンがほしいな、ほしいなと思っていたら、きゃ~!今日はラッキーディーかも!!会社の方から知り合いから使わないパソコンを引き取ってきたけど、いる?って声をかけていただきました。なんてありがたい!!中古パソコンだろうがなんだろうが、使えればそれで十分なんです!パソコンが家にあるなんていろんな事がで着ちゃうじゃないですか!?普通はもうずいぶん前から家にパソコンがある環境って普通なんだろうけど、今はね、娘が私立の高校でしかもお金がかかる科にいるもんだから、我慢我慢の時期なんです。そんな時に、こんな風に応援してくださる好意ってほんとに感謝です!!家でもパソコンが仕えると、いろんな情報も見ることが出来るし、勉強も出来ちゃうじゃないですか!まだまだ向上心ありますから、いろんな事勉強して頑張っちゃうぞ!!けっこう最近は雑学っぽいことを知っていくのが楽しいです。ふと疑問に思ったことや、分からない事はすぐネットで調べてみると、へ~!!って思うことがたくさんあります。最近調べてへ~!と思った事は、海上自衛隊は金曜日は毎週カレーだそうです。何でかというと、曜日の感覚が、海の上にずっといるとなくなってくるそうです。それを防ぐために金曜日はカレーなんだそうです。アディダスとプーマの創業者は兄弟なんだとか、ネクタイは、イギリスでボタンの付いたシャツは下着に近いから恥ずかしいから、ネクタイをしてボタンを隠すって言うものが定着したみたいです。ね!面白いでしょう!まだありますよ。アップルコンピューターはなんでりんごなんでしょう。それは、創設者スティーブ・ジョブスがりんごが大好物だったからで、一口かじってあるのは、「byte(バイト)」と「bite」(噛む)をかけているからだそうです。

中学のときまでは毎日一緒につるんでいたけれど、卒業をしてからはお互い高校生活に追われて、全く絡んでいなかった親友がいます。パティシエになりたいと昔から言っていた彼はそのまま高校を卒業したら調理の道に進んだとたまたま電車で同じになった同級生の子から聞きました。自分はまだこの先の道を何も決めていなくて迷っている段階だというのに彼はいつのまにかそんなにしっかりとした考えを持っていてわが道を貫き通していたんだと思うとなんだか寂しくもあり、このままではいけないなという 自分がいます。その友人がついに今度独立をするという話をきき、久しぶりに僕から連絡をいれることに。まだ店自体はできあがっていないが年内には出来る予定だと言っていました。彼は何も変わっていませんでした。彼との会話といえば税理士事務所は会社設立 名古屋にしたらどうだろう?という提案をしたくらいでそれ以降、あまり話はしませんでした。見た目は変わっていないことに少し安心をしたのだけれども、それでも彼は自分がやりたいことをしっかりとやっていると思うといてもたってもいられなくなり何か自分も変わらねばと強く思うようになりました。いつかまた社会人になった二人で酒を飲み会える時がくるまでがむしゃらに頑張ってみようと思います。

バッグをこれから持つなら、明るい色が欲しくなりますね。春から夏にかけて、鮮やかな色のバッグだとプラスパワーがあります。ネオンオレンジが鮮やかなアレキサンダー・マックイーンの大きめバッグなんか素敵だなって思います。アレキサンダーマックイーン2013年春夏コレクションでは、女王蜂や蜂の巣と花をモチーフにするという斬新なデザインをもってきました。蜂の巣は自然界の最も基本的で合理的な形だそうです。ドレスも斬新でしたが、モデルさんがかぶっていた、黒い帽子が怖かったです。日やへにはいいかなとは思いますが、あんな帽子がはやったら、顔が分からないしなんか近寄りがたいかも。それにしても、中国の昔の偉い人がかぶっていたようなデザインです。エルメス バーキン 25の2013年春夏コレクションは淡い色が出てきました。懐かしいような色が多いです。サーモンピンクがきれいだなって思いました。ファッションは原色使いが多かったですね。40代にもなると似合わない色っていう色が出てきます。その年齢にふさわしく綺麗に見せる色を使いたいですね。そういえば「髪STORY」という雑誌が2013年3月28日に発売したらしいです。表紙のモデルさんは富岡佳子という方で、44歳になったそうですが、とってもチャーミングな方です。彼女が「STORY」という40代ファッション誌のモデルさんになったのが、2010年5月号からですが、ずっと表紙を飾って見えます。とってもかわいい女性だなって思ってましたが、全然変わらない美貌がすごいですね。ファッションもそうですが、髪形って美容院に行っても若い子には似合っても40代の女性にはちょっとって髪型ありますよね。歳をとると髪のハリも艶も失われてパサつきがちになってきます。ロングで前髪が短いと老けて見えるようですから、長めにして、艶感がでやすいようにカットを重めにするといいんだそうです。艶カラープラス毛先にゆるい巻きがあるととても若々しくなるんだそうです。

親戚と久しぶりにご飯に行きました。近くにある美味しいウナギ屋さんなんですが、親戚とご飯に行くとなるとまずここになる事が多いです。昔はウナギを食べに行くのはなんだか特別な日という意味が込められていましたが今は気軽にウナギが食べられる時代なのでとても嬉しいです。そんな親戚と会話をしている時でした。親戚の携帯に電話がかかってきてちょっとごめんと言われ親戚は電話に出ました。電話の相手はお友達のような内容だったんですが電話を切った途端に親戚が私に向かって美味しい海鮮が食べられる場所があるよ~!と目を輝かせてゆってきました。いきなりどうしたの!?といった感じですが何でも親戚のお友達さんが若狭 民宿に泊まりにいったらしくそこの海鮮がとーっても美味しかったそうで、宿泊割引券をくれるそうなんです!それに私と行こうと親戚が誘ってくれたんです。海鮮は大好きなので勿論嬉しいのですが、家には主人も子供もいるし自分だけ遊びに行くのは~と思っておそるおそる主人に聞いてみるとあっさり「いいよ、いっておいで」と言ってくれました。普段家事に仕事に忙しいだろうからたまには子供や俺の面倒から離れてリラックスしておいでと。という訳で私と親戚で美味しい海鮮を食べにいける事になったのです!!自由ができるのは何年ぶりだろう!細かい日程などをまた親戚と打ち合わせして決めないとです♪

リビングキッチンという名前があります。居間とキッチンをひとつの空間として、キッチンを単なる調理の場として別の場所にしていた昔から一新して、家族のコミニュケーションの場としてオープンにしています。また主婦にとってはほっとやすらぐ場所にもなっています。食べる事は一日のうちに三回あり、そのうちお昼は家族がそれぞれ学校や職場で食事を頂くので別々ですが、朝と夕食は毎日で、家の中で家族のコミュニケーションととる場としては、一番大切ではという考えで、食事することを家の中心にもってきたのが、このダイニングリビングキッチンのつくりの考え方です。ダイニング4点セットを通販で買ったものも、この食べるという事が中心の考え方だとリビングキッチンのメインの場におかれることになります。そして、料理をすることも家族でできたりと料理作りや片付けも家族のコミュニケーションの一部にしてしまえます。リビングが家の中心で、ダイニングが続きであると、食事を中心としたコミュニケーションが取れて家族で団欒する時間が増えますね。一緒の空間にいるって事は、それだけで相手を感じることができるので、家族としての愛情を感じますよ。一緒の空間で過ごしているとふとした時に話しかけたりして、いろんな会話が生まれます。美味しいものをみんなで頂いて美味しいねって笑いあって、盛り上がるって幸せだなって感じる瞬間じゃないでしょうか。

ご近所の奥さん方と久しぶりに女子会をする事になりました。女子会というか主婦会?でしょうか。もういい歳したおばちゃんが女子とかゆっちゃ犯罪ですかね(笑)まだまだ若作りをしたいお年頃なんですが。そんなわけで今回主婦会を開く場所は家から車で15分くらいの近場の喫茶店です。ここはこのへんの主婦方がよく集まる集会所みたいな場所になっています。常に知り合いが集まっていたり、常連客が新聞を片手にマスターと雑談しています。ここのいい所は一日中モーニングをしている所ですかねえ。もうそれってモーニングじゃないんじゃ?と想われそうですが、私達お客が分からしたらとってもありがたいサービスなのでこのまま続けて欲しいです。今日話題になっていたのは世田谷 工務店についてなのですが、私はあまりこの手の話に詳しくは無いのでただただ聞いているだけになってしまいました。ちなみに今日のモーニングは小倉トーストとスクランブルエッグとサラダ、ミニグラタンとデザートに自家製珈琲ゼリーがついていました。これだけついてもワンコインなんですよ!ドリンク代だけで飲めるということです!小倉トーストが出るあたり地方だな~と想いますね。まず関東のほうじゃこんなものでないでしょう(笑)関西でも出ないかな?これは東海地方独特な組み合わせだと思っています。しかし餡子にバターは最高の組み合わせですよ!用はあんぱんと同じ原理名わけですからね。

お父さんがいつも一番最後にお風呂に入るのですが、その日もいつもどおり朝起きてお父さんにおはようといったら凄く暗い顔をしていたのでどうしたのと聞いてみたらなんと実は夕べ私が入ったときは大丈夫だったお風呂が壊れて冷たいお風呂に入る羽目になってしまったんだそうです。なんでも追い炊き機能が動いてくれなくて、恐らく故障だという事が判明しました。しかし私の時に壊れなくて良かったーなんて安心してたらお父さんに怒られちゃいました。結局神戸 リフォームに頼んでお風呂自体をリフォームすることになったみたいなんですが、リフォームって初めての事なのでちょっとドキドキしています。お風呂工事をしている間はお風呂に入れないので、少し離れた銭湯まで家族で行く事になりました。お母さんとお風呂に入るなんて何年ぶりだろーなんて談笑しながら入るお風呂もとてもよかったです。それが約一ヶ月くらいかかるというのですから、ちょっとこれからお風呂タイムが楽しみになってきました。お父さんは元々銭湯が大好きなので、この生活が凄く気に入っているみたいです。一ヵ月後にはいつもどおりお風呂が元通りになっている事を祈って暫く銭湯生活を続けたいと思います。これからはお父さんが入る前に私が事前に追い抱きしておいてあげようと思いました(笑)

若い頃は、洋風のおしゃれな家にとっても憧れたものでした。白い家とか、レンガ造りの家とかね。ところが、だんだんと歳をとってくると、日本らしい古民家にとっても深みと落ち着きを感じて素敵だなって思うようになって来ました。不思議ですね。古民家を改良して作られた懐石料理屋さんや豆腐料理屋さんやそば屋って女性に人気がありますね。甘味処もいいですね。あんみつが好きで、雑誌に載っていた古民家風のお店にあんみつを食べに行った時に和雑貨でいろんなところに飾り付けがしてありました。注文はクリームあんみつを注文して、もってきてもらえるまでちょっと店内をぐるっと見回していたら、それだけで楽しめちゃいました。暖簾が10本ぐらいの糸に反物で作ったようなモニュメントたくさんぶら下がっていました。それがちょっと風が入ってくるとくるっと回ってなんとなく見てしまいます。お店の人に聞いたら、一つ一つの飾りは、友禅ちりめんで作ってあるそうです。たんすの上には、ちょっと変わったボールのような手まりがありましたから、じっと見ていると手にとって上にほおり投げてみてください。って店員さんが手渡してくれました。手にもってみるとなんかちょっと変わった感触です。なんだろうって思って、投げてみると、この手玉が不思議なことに形を変えるんです。そして色も。一瞬のうちに、変わるんですよ。不思議でタンら無いんですが、じっくり見てみるとちょっとだけその仕組みが分かってきました。まるで手品みたいです。それにしても何で投げると変わるんでしょうね。これ「てんてんだま」って言うそうです。面白くて何度も投げているうちに、私の注文した、あんみつが来ました。大きな白玉とあずきと、バニラアイスが特徴です。そして黒蜜が別できたのでかけてみました。なんておいしそうなんだ!!って口につばがたまってきてしまいました。パクッと一口!う~ん、とろけそう(微笑)

その家の印象を決めるのが玄関だと言われています。来客が最初に目にする場所が玄関ですので、この玄関がどのような形なのかで、その家全体の印象が決まるとも言われているのです。ですから、玄関はなるべく綺麗に清潔にしておくようにしておきましょう。また、玄関におくものもなるべくコンパクトで場所を取らないようにする必要があります。例えばシューズボックスがそうです。玄関にシューズボックス(下駄箱のようなもの)は必須なのですが、これはなるべくインテリアを考えて、選ぶようにしましょう。大きすぎず、それでいて機能的なものがとても最適です。あまり大きすぎるとスペースを取り過ぎるというようなことになってしまって、来客者に圧迫感を与えるというようなことになってしまいます。また、なるべく清潔で派手すぎないデザインのものを選ぶようにしましょう。そうしたシューズボックスはアウトレット品を選ぶようにすると、安くて品質の高いものを購入をすることが出来るようになります。アウトレット品ならば普通に買うよりも相当安く買うことが出来ますので、なるべく安く済ませて、それでいてデザイン性の高いものを求めているというのなら、とてもおすすめができるというわけなのです。

フルーツゼリーも工夫次第で大人のデザートに早変わりします。そこでワインを用いたフルーツワインゼリーなどはいかがでしょうか。材料は四人分換算で、イチゴ1/3パック、バナナ1本、レモン汁大さじ1、ミントの葉を適量、粉ゼラチンを5g、水は大さじ3、甘口の白ワイン250ml、水150ml、ハチミツ大さじ2、砂糖大さじ2です。まずは下準備です。粉ゼラチンを水大さじ3に振り入れてふやかしておきます。イチゴはきれいに洗って水気を拭き取り、ヘタを取って縦2〜4等分に切っておきます。バナナはイチゴの大きさに合わせて切り、イチゴと合わせてレモン汁と砂糖をからめておきます。続いてゼリー 作り方に入ります。まず鍋に甘口の白ワインと水・ハチミツ・砂糖を加えて中火にかけます。砂糖が溶けたところで火を止めて、ふやかしたゼラチンを加えて余熱を利用して溶かしていきます。これをボウルにあけて氷水につけ、木べらなどで丁寧に混ぜながらとろみを出していきます。とろみがついたら木べらを泡立器に持ち替えて、空気を含ませる容量で軽く混ぜていきます。そこに先のフルーツをジュース後と加えて軽く混ぜます。ボウルにラップをかけて1時間以上冷蔵庫で冷やし、カップなどに取り分けてミントの葉を載せて出来上がりです。

子供の頃は、両親と祖父母と一緒に暮らしていました。祖父母が伝統を守る古風な考え方の人だったので、とてもしつけが厳しかったことを覚えていますよ。いつも自宅でご飯を食べているときには、お箸の持ち方やお皿の持ち方をきちんと指導されましたよ〜。それに、姿勢が丸くなっても注意されるんです。祖父母は、ひどく怒ることもあったんです。子供の頃はすごく厳しい祖父母だと思っていたのですが、大人になるとあのときのしつけに感謝できるようになりました。昔きちんと教えてもらっていた結果、今では姿勢や食べ方のきれいさを褒められることもあるんです。祖父母が真面目な人で、私をきちんと教育してくれて良かったです〜。でも、その祖父母は、先日亡くなったんです。二人とも、別々の日に亡くなりましたが、同じ年に亡くなったんです。私にとっては大切な存在だったので、二人がこの世からいなくなったことは、すごく悲しかったです。始めは涙が止まりました。涙が流れ続けたんです。でも、時間が経つと、少しずつ元気を回復させることができましたよ。祖父母が亡くなってからは、両親と一緒に祖父母の遺品の整理をしました。洋服やバッグやシューズの整理は、両親と私でどうにか整理をすることができたんです。でも、迷ったのが仏壇の処分でした。祖父母は、仏壇を大切に扱う人たちだったんですよ。一方、両親は仏壇を利用することはありませんでした。なので、処分をしようと思っていたんですが、処分をしてもらうのにどれくらいの仏壇 価格が必要なのか分かりませんでした。そこで私は、インターネットで価格について調べてみたんですよ。すると、想像していたよりも安い価格で処分をすることができることが分かりました。そこで、私は両親に相談した上で、業者さんに依頼することにしたんですよ。業者さんに連絡すると、スムーズに対応してくれましたよ〜。丁寧で素早い対応をしてくれたので、とても助かりました〜。業者さんたちは、自宅まで来て、仏壇の処分を行ってくれました。両親も私も扱い方が分からずに整理の方法がまったく分かっていなかったので、すごくありがたかったです〜。思っていたより時間もかかりませんでした。素早い作業でしたよ。その後、仏壇の整理が終わったため、祖父母の遺品の整理がすべて完了しました。両親も私も一安心しました。祖父母が亡くなって、両親も私も時々悲しくなることがありますが、祖父母を忘れずに、日々を過ごしていますよ〜。



© 2012 Beauty Supplement. All rights reserved.